Locked History Actions

Diff for "クイックスタート"

Differences between revisions 1 and 6 (spanning 5 versions)
Revision 1 as of 2015-02-26 05:22:42
Size: 1838
Editor: meta
Comment:
Revision 6 as of 2018-05-10 00:44:04
Size: 3114
Editor: meta
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 5: Line 5:
== Red Hat Enterprise Linux 6.5 / CentOS 6.5 ==
公式パッケージでも提供されていると思いますが、バージョンが古い場合や最新の開発ブランチを追いかけたい場合は [[X11RDP-RH-Matic]] を使ってインストールすることをおすすめします。
== Debian 9 / Ubuntu 16.10 以降 ==
Debian sid, Ubuntu 16.10 では、公式のリポジトリに最新の xrdp 0.9.0 系が収録されています。これを使っておけば OK です。
Debian チームと xrdp 開発チームは連絡を取りながら、xrdp のパッケージを更新しているので、最も開発者の意図に近いパッケージとなっています。

Debian から Ubuntu にパッケージが流れるには少し時間がかかるため、Ubuntu より Debian のパッケージの方が新しい傾向にあります。

 * https://packages.debian.org/sid/xrdp
 * https://packages.debian.org/sid/xorgxrdp
 * http://packages.ubuntu.com/yakkety/xrdp
 * http://packages.ubuntu.com/yakkety/xorgxrdp

インストールは apt で入れるだけで OK です。xrdp と xorgxrdp という2つのパッケージをインストールしますが、
xrdp をインストールしようとすると xorgxrdp も同時にインストールされるはずです。

{{{
# apt install xrdp
}}}


== CentOS 7 ==

2018年5月現在、公式パッケージとEPELで最新のパッケージが提供されています。xrdp と xorgxrdp の2つのパッケージをインストールします。依存関係で xrdp-selinux パッケージも自動的にインストールされるはずですが、インストールされなければ別途インストールしてください。

Fedora などのEPELを使用できるディストリビューションについても、基本的には同じです。

{{{
# yum install xrdp
# yum install epel-release
# yum install xorgxrdp
}}}

最新の開発ブランチを追いかけたい場合は [[X11RDP-RH-Matic]] を使ってインストールすることができます。

== その他 ==

xrdp と xorgxrdp の2つのパッケージがあればどのディストリビューションでも大抵使用できると思います。
ディストリビューションのインストール方法に従ってインストールしてください。

Arch Linux では AUR を使用する必要があるかもしれません。
Line 10: Line 48:
FreeBSD Ports Collection に net/xrdp (0.6.0系) と net/xrdp-devel (0.7.0系)が収録されています。201310月現在 net/xrdp-devel は不安定であるため、net/xrdp 方を使うことをおすすめします。 FreeBSD Ports Collection に net/xrdp (0.6系) と net/xrdp-devel (0.9系)が収録されています。20175月現在のおすすめは、net/xrdp-devel です。こちら最新リリースに追従ています。
Line 14: Line 52:
# make -C /usr/ports/net/xrdp install clean # make -C /usr/ports/net/xrdp-devel install clean
Line 18: Line 56:
# portmaster net/xrdp # portmaster net/xrdp-devel
Line 31: Line 69:

== Ubuntu 13.10 (Saucy Salamander) ==
公式パッケージに xrdp 0.6.0 があるので apt-get でインストールすることができます。
{{{
# apt-get install xrdp
}}}

最新の xrdp を使いたい場合は [[X11RDP-o-Matic]] を使ってインストールすると良いでしょう。

== Debian 7.2 (Wheezy) ==
公式パッケージに [[http://packages.debian.org/ja/wheezy/xrdp|xrdp 0.5.0]] がありますが、バージョンが古すぎるため [[X11RDP-o-Matic]] を使ってインストールすることをおすすめします。

本記事では、とりあえず xrdp をインストールして使うためのクイックスタート方法を説明します。

xrdp のインストール方法は Linux または他 OS の各ディストリビューションによって異なります。

Debian 9 / Ubuntu 16.10 以降

Debian sid, Ubuntu 16.10 では、公式のリポジトリに最新の xrdp 0.9.0 系が収録されています。これを使っておけば OK です。 Debian チームと xrdp 開発チームは連絡を取りながら、xrdp のパッケージを更新しているので、最も開発者の意図に近いパッケージとなっています。

Debian から Ubuntu にパッケージが流れるには少し時間がかかるため、Ubuntu より Debian のパッケージの方が新しい傾向にあります。

インストールは apt で入れるだけで OK です。xrdp と xorgxrdp という2つのパッケージをインストールしますが、 xrdp をインストールしようとすると xorgxrdp も同時にインストールされるはずです。

# apt install xrdp

CentOS 7

2018年5月現在、公式パッケージとEPELで最新のパッケージが提供されています。xrdp と xorgxrdp の2つのパッケージをインストールします。依存関係で xrdp-selinux パッケージも自動的にインストールされるはずですが、インストールされなければ別途インストールしてください。

Fedora などのEPELを使用できるディストリビューションについても、基本的には同じです。

# yum install xrdp
# yum install epel-release
# yum install xorgxrdp

最新の開発ブランチを追いかけたい場合は X11RDP-RH-Matic を使ってインストールすることができます。

その他

xrdp と xorgxrdp の2つのパッケージがあればどのディストリビューションでも大抵使用できると思います。 ディストリビューションのインストール方法に従ってインストールしてください。

Arch Linux では AUR を使用する必要があるかもしれません。

FreeBSD

FreeBSD Ports Collection に net/xrdp (0.6系) と net/xrdp-devel (0.9系)が収録されています。2017年5月現在のおすすめは、net/xrdp-devel です。こちらは最新のリリースに追従しています。

以下のコマンドでインストールすることができます。

# make -C /usr/ports/net/xrdp-devel install clean

portmaster を使う場合は以下のように。

# portmaster net/xrdp-devel

インストール後 /etc/rc.conf に以下の2行を追加します。

xrdp_enable="YES"
xrdp_sesman_enable="YES"

xrdp を起動するには service コマンドを使います。

# service xrdp start