Locked History Actions

Diff for "展示機材/環境構築"

Differences between revisions 2 and 3
Revision 2 as of 2017-06-02 08:24:06
Size: 1907
Editor: meta
Comment:
Revision 3 as of 2017-06-15 00:17:59
Size: 1919
Editor: meta
Comment:
Deletions are marked like this. Additions are marked like this.
Line 3: Line 3:
#展示機材の環境構築 #展示機材の環境構築 (ホスト)

展示機材の環境構築 (ホスト)

概要

OSはCentOS 7を使う。用途に応じてDockerとKVMで構築した仮想マシンにxrdp環境を構築する。

DDNSの設定

展示環境に合わせて、DHCPで取得したプライベートIPアドレスをDDNS的に Amazon Route 53 に登録するようにする。

登録には cli53 を使う。

$ mkdir -p ~/.local/bin
$ wget -O ~/.local/bin/cli53  https://github.com/barnybug/cli53/releases/download/0.8.8/cli53-linux-amd64
$ chmod +x ~/.local/bin/cli53

~/.aws/credentials にAWSのアクセスキーを書く。

[default]
aws_access_key_id = xxxxxxxx
aws_secret_access_key = yyyyyyyy

以下のスクリプトを ~/.local/bin/update-route53 として配置する。

起動時にスクリプトが走るようにcrontabに書いておく。上のスクリプトの引数はインターフェイス名。

PATH=/usr/local/bin:/usr/bin:/usr/local/sbin:/usr/sbin:/home/meta/.local/bin:/home/meta/bin
@reboot update-route53 enp0s25

KVMのセットアップ

qemu-kvm, virt-manager, libvirt をインストールする。virt-managerはKVMホストに直接ログインしてSSHのX11Forwardingを使って操作するためにインストールしているだけで、原則他のホストからログインして操作する。

# yum install qemu-kvm virt-manager libvirt

libvirtへのvirt-manager からのアクセスはSSH経由で行うため、/etc/libvirt/libvirtd.conf の以下の行のコメントアウトを解除して、libvirtdを再起動する。

unix_sock_group = "libvirt"
unix_sock_rw_perms = "0770"

対象のSSHユーザをlibvirtグループに加える。

usermod -G libvirt -a username1